「●児体型ファイル⑥」礼衣蘭・・接写と隠し撮り・・

FavoriteLoadingAdd to favorites


この日、礼衣蘭(れいら)と部活の帰りに会う事にしました。

大体、会うのは土日、、が多いんですが、制服姿の  とたまには会ってみたくて、、(ただ、制服だと、予約したホテルにチェックインする時、危険ですのでww)
わざわざそれだけの自分の願いを叶える為だけに、Z●●WTOWNという今流行の、ネットショッピングモールで、●●のためにSサイズの服と靴を購入し、待ち合わせ場所の駅のトイレで
着替えさせ、、、、、、、、などと、色々空想妄想を抱きながら、、駅に到着し、○○が来るのを待ちました。

10分待ち、、、そして15分経ち、、、20分、、、

あ、そう言えば、前見せたやつの文にも書きましたが、僕と礼衣蘭は付き合ってます((笑))少なくとも●●はそう思ってます。

とんでもなく歳の差カップルです(笑)

礼衣蘭はそれを友達に自慢してるそうです(大人に対して憧れがあるんでしょうね、、でもそれがまさかの僕・・・(笑))

あ、話が飛んじゃいました(^^ゞ

結局30分待たされ、、ようやく礼衣蘭はチャリで到着。

んで、ただニコニコして、「ごめんねっ」・・・

少々イラッとしましたが、そこは大人の対応と、この後、いつものように、こんな子供をタダで頂けるありがたさを考え、僕も、ニコニコと、「仕方ないやっちゃなぁ♪」と、

ワラって答えました。

んで、意外と小さ目な鞄だけを持ってきてたので、こんな小さなカバンに制服はいるのかな?と思い、●●に聞くと

「あ、忘れたww」・・・と、、、

公衆の面前で投げ飛ばしてやろうかと思いましたw

この何日か前から楽しみにしていた、僕の絵図が全てパァ・・・・です。

この文を読みだして、期待してくれた制服フェチの方の、本当に申し訳りませんッ!

こんな結末なら最初から書くなっ!!、、、とお叱りを受けそうですが、でもそれがあったおかげで、もう一つ、、何とか叶えたい、、と思ってたこと、、制服よりも叶えたかったことが

叶ったんです!

それは今までみたいに、定点カメラでの隠し撮り、、だけではなくて、、ちゃんと近距離から、、アソコの奥まで丸見えで、、○○を辱めるための撮影が出来たんです。

遅刻と、制服忘れたお仕置きだ!!、、て言ってやりました。

最初は「絶対ヤダ!」て言ってましたが、少々真剣な顔で怒ったら、小さく頷いて、「少しだけだよぉ・・」、、、だって(笑)

いつも、常に、「嫌だ、、」「もうやめてよ!」とエッチの最中に言ってる礼衣蘭が実は、そんなこと言いながらも、アソコはこんなんなってる、、、て所をやっとお見せできます。

ツンデレな性格で、ヤることに対して、いつも最初は否定的なのに、毎回会う前日には、必ず陰毛の下の方の部分を綺麗に剃ってくる・・・

それも、まだ生理が始まって半年もたたないガキのくせに。

毎回下着をプレゼントするんですが、それも、完全に前が透けてたり、Tバックだったりろ渡し、その度に、「学校に穿いて行けないし、親にも見せれないからマジ嫌だ、、こんなの穿きたくない!!」

と嫌がるのに、会う日には必ず前回会った時に渡した下着を穿いてくる。

脱いだ後を見ると、一端家に帰って穿き替えてきてる訳でもなく、その日1日そのパンティを穿いて学校に行き僕と会うのを楽しみにし、とんでもなく粘液をパンティに付着させたまま過ごしてることがすぐわかります。

そして、普段もそれを穿いてることもわかります。。。。それは、洗っても落ちないほどの黄ばみを既に染み込ませているからです。

そして、保健体育で習ってるせいか、「中はあかん、、中は堪忍して」と、いつも妊娠を怖がり、中出しをする度に怒るくせに、結局、毎回毎回大量の精子を子宮に受け入れる。

僕はこんな礼衣蘭が可愛くて堪りません。

本当は内心、子供が出来ることを怖がってても、僕の亀頭が奥深くで、パンパンになり破裂する瞬間の感覚が欲しくて欲しくて我慢できないのだと思います。

性感は大人でも脳みそはまだガキですから、欲しい物を理性で止めれないんでしょうね。

今回も最低3回は出しました。

本当に本当に妊娠するまで出してやろうと思います。

出来たら、少し余分に小遣いあげて、あとはネットで、親の承諾なしで中絶出来る所を探せばそれで済みます。

いくらでもありますもんね。

肝心な事は、このセックスには、愛、、があるという事です。

愛、、のないセックスは、つまんないです。

ただ入れるだけの、肉体的快楽、、ようは円光ですよね、、デリも同じでしょうが・・・そんなものより愛されてるとわかり、その想いを『精子』で返してあげる(笑)

それが好きなんですwwww

たまんないんですwwww

イケナイ性癖だとは判っていますがやめられまへーんwwww

どうか同じ年頃の娘を持ってらっしゃるお父さん方、お宅の娘さんも家から1歩出たら、、お父さんの全く知らない人格にかわり、とても手の届かない存在へと変わってしまうんですよ(#^.^#)

知らないだろうなぁ~~~~(笑)

ダウンロードリンクを表示するためにログインしてください または、登録してください.

3831