【個人撮影】田舎娘の「ォ・・なかに出して」を「中」と聞き違え・・中出し

FavoriteLoadingAdd to favorites

7b5e652ce0660fe8
SNSでサポ募集したところ、上京してきたばっかりという18歳の田舎娘がやってきました。
名前は涼子ちゃん。顔はスッピン、髪は後ろで束ねただけというルックス。でも逆に新鮮で幼い雰囲気が増長してます。
シャワーの前に、さすがに化粧したいと言うので覗いてみると、洗面台の上に座ってお化粧をしています。しゃべり方から薄々感じていましたが、この娘少し天然が入っているみたいです。
シャワーで色々注文しても、何でも素直に聞いてくれて性格もいい娘です。また全裸になると18歳とは思えないナイスバディーで、ますます期待が持てます。
シャワーでチンポを洗ってくれるようにお願いすると素直に洗ってくれます。するとおもむろに、チンポをニュポ〜っと咥え始めるではありませんか?何もお願いしてないのに!
調子に乗って、風呂桶内や上がってタイルの上でフェラをしてもらいます。
チンポがビンビンになったので、「じゃあ入れちゃおっか?」と聞くと、まさかの
「え?ゴ・・・ゴム付けㇽ・・・?」
少し躊躇したものの、しっかりゴム宣言。甘くないか~~っ!
「えっ?ゴム付けた方がいいの?」⇒彼女コクコクコクと顔を前後に揺らす。
「でも生の方が気持ちいんだよ。」彼女「え~でも、ダ・・ダメですよぉ~・・・ゴム付け てください。」

ここで自分はとりあえず諦め、ゴム挿入決定・・・。
騎上位で挿入ですが、ゴム付とはいえかなり気持ちい。彼女、見た目や雰囲気とは裏腹に濃厚な腰の動きをします。
ゴムに出すわけにはいかないので、一旦休戦してベッドに移りました。
電マ、手マン、クンニと攻めるのですが、彼女の感度はかなり良く、可愛く激しく喘ぎまくります。
フェラ、69と続けて、自分も彼女も再び入れたくなってきた所で、ある『仮説』を立て彼女にコンドームを渡し、「これ自分で付けてみて。」

仮説①・・多分自分でコンドームつけられない。付けられないから生でという戦法が
     効きそう
仮説②・・雰囲気に弱い。気持ちよくなったらハードルは下がるはず
仮説③・・押しに弱い。さっきは最初ということもあり自分がすぐ諦めすぎた

以上3点の仮説のもとに彼女にゴムを付けさせると、案の定、「う~っ・・う~っ」と呻きながら付けるのに苦戦しています。彼女の心の中は『早く入れたいのにこれでは入れられない』となっているはず。
彼女が目で助けを求めてきます。

「このホテルのゴム小っちゃいんだよね。(と言いつつ亀頭だけに付いていたゴムを外す)
俺もゴムが小っちゃいと窮屈で、チンチンが中で締め付けられるみたいでさ~あまり気持ちよくないから、このまま入れさせて生で。イキそうになったらちゃんと付けるとかそんな感じにするから・・・。いいでしょ。」と適当なことをぶっこきます。
彼女、何となく
「ウン・・・」とゆっくり頷きました。
直ぐ話題を変え、
「体位とか何が好き?」
とか聞いて、違うことを考えさせて「やっぱりダメ」と言う余地を潰します。
「え~~お任せデ・・・」
すぐに寝かせて足を開かせ、チンポをクリトリスに擦り付けます。すると直ぐに「アッアハ~ン♡」と感じ始めました。完全にOKだと思ったので、あらためて、

自分「今まで彼氏とかとはゴムなの?」
彼女「キ・・・基本的には・・・」
自分「基本的には?じゃあ生でやっちゃう時とかもあるの?」
彼女「う・・うん」
自分「じゃあいいじゃん?」

と、ズニュ〜と生チンを正常位で挿入!!

入れた瞬間から彼女ったら豹変して感じまくりの乱れまくり!!自分で腰を上げてチンポをより奥に誘ってきたりもします。
バックの移ろうと一旦チンポを抜いた瞬間も、「アッウ~ン!♡」とセクシーな息を吐きます。
バックは一番気持ちいみたいで、ガン突きすると気絶するんじゃないかと思うぐらい激しく喘ぎまくります。調子に乗って「生チンポ最高!」と言わせたりもします。
彼女のマンコはいわゆる「吸い付くマンコ」で、チンポを引く時ヒダが吸い付いてきます。これがまたエロくて射精を誘発します。
我慢できなくなり、正常位でまた激しく突いた後、

自分「涼子ちゃん、そろそろイっちいそう!!どこに出せばいい?」
彼女「ォ・・なか・・・」
自分「え?」
彼女「・・・いっぱい・・・出して!」

!!・・・思いっきり中出ししました!!

彼女「え・・・え・・・」
自分「中出しちゃったよ」
彼女「え~・・・おなか・・・お・な・か・・・」
自分「おなか?おなかって言ったの?・・・中って聞こえた・・・」

元々の性格の良さもあり、あまり怒ってませんでした。性格も体もとってもいい娘でした。

動画時間:46分36秒

ダウンロードリンクを表示するためにログインしてください または、登録してください.