【前編】ブランド好き色白現役制服リカ▲ゆとり世代プチ援助▲オリジナル個人撮影の顛末

FavoriteLoadingAdd to favorites

完全オリジナルです

ネット掲示板を徘徊していると、プチ援助希望の書き込みを発見。
メールして、写メを見ると、深田恭子系の美少女だったので、S○S団の名において、助けてあげることにしました。

会うと、いきなり現金先払いを求められ、僕は股間を膨らませながら現金を渡しました。
聞けば、ブランド物の新作の財布がほしいらしいです。

そして、いざエロエロ行為とエロエロ撮影を始めようとすると、リカは沢尻エリカばりの仏頂面に。
金で若い子を買い漁るキモいおっさんに振りまく愛嬌なんてないといった様子。
ゴキブリにでも向けるような蔑みの目で僕を見てきます。
でも、少々Mっ気のある僕にとってはそれも興奮材料のひとつだったりするんですが(笑)

僕の性癖は置いておいて、こういう世間知らずの小娘には思い知らせてやらねばなりません。
お前は、若い性を売り物にする穢れたビッチなんだってことを!!!!!!!!

目の前にいるキモいオッサンと、同じ穴のムジナなんだってことをわからせるために、おっぱいを触ろうとしました。
「ヤダ」
しかし、手で遮られました。
プチ援助の約束で金を前払いしたのに、話が違う。
改めて胸に手を伸ばすと、全力で拒否。
ちょっと頭に来て、強めに「お金返してもらうよ」と言うと、少しびびったのか、だんまり。
ダダをこねてれば、全て自分の都合のいいようにコトが進むと信じてるタイプ。
大人に怒られるなんて経験がほとんどないんでしょう。
これだからゆとり世代ってのは・・・・・・。
日本の教育制度の見直しをしないといけません。

しかし、行政になんて任せていてもラチが明かないのは、既に某総理大臣が体現しています。

ここはひとつ、僕が一肌脱いで、この憂慮すべき日本の状況を打破しなくては。
その第一歩として、この小娘の甘ったれた根性を叩き直してやることを心に決めました。
ひとまず触るのは諦めて、少しずつ脱がしていきました。
アメとムチ作戦です。
少しずつ、少しずつ、エロ度を上げてゆくと、やがて……

あとは、皆さんが、その目で確認してください。

時間・・・20:46
WMV形式動画・287MB

ダウンロードリンクを表示するためにログインしてください または、登録してください.