わが愛しき女良達よFile.53

FavoriteLoadingAdd to favorites


ユリナ、寝取られのアト。 誰にもある征服の欲望。 眠ったままの女性に行う卑行に対しての欲情。 今まで私が行ってきた事を友人は求め、 久しぶりにユリナの寝姿を拝む事になりました。 やはり寝ている女性というものは格別に違います。 それをまた意のままに汚していく様もまた。 分厚くも力の抜けた唇を私は奪い、ユリナの弱い首筋に舌を這わせ、 私の愚息を顔面にあてがい、喉奥手前まで入れていく・・・ 歯で噛まれるか噛まれないかが私の興奮のポイントです。 友人はひたすらユリナの陰部をまさぐり、 舌で豆やビラの部分を刺激していました。 痺れを切らしたのは私のほうで、ユリナの中へ愚息を忍ばせていました。 人に見られている興奮と久しぶりに味わう眠り姫のユリナ。 泥々とした性のスパイラルへと落ちていく事を自覚しながらも、 またしてもユリナの「中」へと出していました・・・

You must be logged in to view the hidden contents.

pktmu0055_00