ル○ネ・ザ・○本に来ていた芸人好きのリアルちうぼうを、若手芸人を騙って自宅に連れ込む、C坊のけしからん肢体

FavoriteLoadingAdd to favorites


ちうぼうや、こうぼうと、どうやって出会うか、僕は日々そればかりを考えています。
しょうぼうは、リスク高すぎるので、臍を噛んで手を出さないようにしています。
最近だと流行りは、LINEやカカオトークあたりでしょうか。
しかし、これだと、時間がかかりすぎます。
スマホで仲良くなってから、実際にオフで会える確率はグンと低くなります。

やっぱり、現地でナンパしてってのが手っ取り早いです。
原宿や渋谷でナンパしたり、ゲーセンで声掛けしたり、色々と試しましたが、成功率及び性交率は決して高くありません。
そこで考えたのが、今回の、芸人好き娘にターゲットを絞って、若手芸人を騙って声をかける、という方法。
結果、これが秀逸なアイデアでした。

ジャニーズ好きの娘が多いのと同じぐらい、芸人好きの娘も多いものです。
それも、とびきり若い子もわんさかといるのです。
ジャニーズ好きは基本面食いだから、僕のようなツラではどうにもなりません。
けれど、芸人となれば話は別。
むしろ、味のある顔の方が好まれたりするものです。

芸人が日常的にライブを行っている場所として最も有名なのが、新宿の『ル○ネ・ザ・○本』でしょう。
土日や放課後の時間帯を狙っていってみると、いるわいるわ、沢山います、若い娘がわんさか。

僕は可愛くて若い子に、片っ端から声をかけていきました。
1人目、2人目と門前払いでしたが、3人目の子が食いついてきました。
俄仕込みの大阪弁を駆使して、口から出まかせであることないこと言って、自宅に連れ込むことに成功。
決め手は、「先輩の芸人さんに会わせてあげる」でした。

室内に入ってからも、会わせてあげる押し。
春を思う時期の若いエキスのエロフェロモンがむんむんしてきて、僕はもう勃起しまくりでした。
『平成ノブシコ○シ』の吉○さんに会わせてあげる、あの人は女好きだから、そのために面接と言って、エロいことへ。

芸人って遊んでるっていうイメージがあるから、女の子も、部屋に来る以上は、『してもいい』って潜在的に思っているんです。
事実、この子を押し倒しても、ほとんど抵抗はありませんでした。
芸人に抱かれたら箔がつく、なんていう風に考えているのかもしれません。

すごく、けしからん体でした。
オッパイは膨らみ途中といえども確かに柔らかく、陰毛はまだ完全に生え揃っておらず、ロリコンが大好きな縦筋割れ目が超鮮明。
サインコサインタンジェントもわからないくせに、マンコや乳首をいじられて、あんあん喘ぐことだけは一丁前にパーフェクトです。
こんなの反則です。手を出さない男がいたとしたら、重度のインポテンツか極度の熟女好きか筋金入りのホモセクシャルのどれかです。

ただ、フェラチオはしてくれませんでした。
何度も要求したんですが、まだ男のチンポを舐めるっていう行為に嫌悪感を抱いている年頃みたいで。
そのくせ自分は僕の手マンでイったりしてんだから、わがままですよね。
ギヴフンドテイクがセックスの基本でしょ。
でもまあ、そんな理屈が成り立たないのが厨房相手ならではの贅沢な悩み。
仕方がないから、極太魚肉ソーセージ咥えさせて、舐め顔激写しました。

んで、合体。
セックスは好きらしく、膣が締まる締まる。
さんざん勿体つけておいて、結局はヤりたかったんだろって。

しばらくは、芸人になりきって、いい思い出来そうです。
絶対にマネしないでくださいね。

●時間
24:53

ダウンロードリンクを表示するためにログインしてください または、登録してください.