娘(養子)に中出し。背徳感だらけの交わりが快楽に。最低な親です。

FavoriteLoadingAdd to favorites

フェラは購入者様からの要望でしたが、今回は私の欲望のまま娘を犯した動画です。

いつもの通り、学校に行く用意をしている娘に痴漢をしました。

ビデオを持っていたので、娘もなにかを察知したのか

「さわるだけ…でしょ…?」

私は無言でお尻を撫で回して、娘はまたいつものように俯いて耐えているだけでした。

パンツの上からでもわかる娘のぷにぷにとした性器に
私のムスコは我慢汁を先から出すくらい勃起していて…

娘は俯いているのでわかっていません。

そのまま娘のやわらかい部分を執拗に愛撫していると
パンツの上からでもクチュクチュと音がしはじめました。

「…ん。。。やぁ…。。あっ…。。」
唇をかんで快楽に耐える娘。

やがてパンツにシミが出来てきて指をそのままくわえこんでもいいくらい
出来上がってしまいました。

もう我慢できなくなり、
パンツをずらし、問答無用でガチガチのブツを挿入。

娘は驚き、抵抗しましたが、場所が場所だけに前に逃れる事もできず
もう愛液が絡み合って奥まで入って出てを繰り返していたので

懇願するように
「お父さん…おねがい…それだけは嫌です…」
と泣き声で訴えました。

私は娘の膣の感触に感動を覚え、背徳感と快楽に溺れ
そんな声はまったく耳に入ってきていませんでした。

獣のように動物のように細い娘の腰を掴み、尻に音がするくらいパンパンと何度も腰を打ちつけて絡み合う愛液と膣の収縮を感じていました。

娘も自然と感じている声が出てきて
激しいストロークを繰り返していると
膣がキュッキュッと締まり、なんと娘が先にイってしまったのです。

処女じゃない上に、父親のムスコでイくとは…

私はガッカリさせられた報いを受けさせようと
イった娘に対し強度のストロークをやめませんでした。

「イっ…た。。。あっ、んっ、イったから、、もう
ほんとは2回イってる…から、もうやめて…くだ…さい。んんっ」

ビクビク痙攣して脚もガクガクして立っているのがやっとの娘に
そのままストロークを続け、何も言わずに中出しをしました。

人生でこれだけ長い射精は初めてかもしれません。
そのくらい気持ちよく、恍惚でした。

まさか中出しされると思ってなかった娘は声も出ないくらいショックを受けていて
ただ泣いていました。

正面を向かせ垂れ流れる私の精液と娘の顔を同時に映し、
私の精液をすくって、また娘の性器の中へ戻したり
愉快な遊びもして、終了。

しっかりと生理前にしてあげたのが、せめてもの親心。

家庭内撮影であります故、色々な物が映り込みますがご了承ください。

You must be logged in to view the hidden contents.