素人女子校生一年生(後輩の妹・黒髪・白ソックス)に寝込み悪戯@大学サークル 番外編

FavoriteLoadingAdd to favorites


今回はサークル外に飛び出してみました。

サークルの後輩が、麻雀での負け分3万円を僕に払えないと言い出したのがコトの発端。
パチンコでスリまくって、学生ローンを組んでしまったらしく、どうにも首が回らない状態だそう。

そこで、鬼畜兄が思いついたのが、自分の妹を僕に差し出すこと。
後輩は、当然、僕の性癖を知っているので。

写メを見せてもらうと、可愛い子だったので、承諾しました。
負け分の棒引きと交換で、妹を頂くことにしました。

決行は、後輩の家で。
後輩は、「先輩が来ているから、皆でケームをやろう」と妹を誘い出しました。
僕はジュースの中に睡○薬を混入させ、ボンバーマンで白熱しながら時が過ぎるのを待ちました。

そして、時、満ちる!!

妹が、目をこすりだし、ソファに身体を横たえ、やがて深い寝息を立て始めました。

「本当にいいんだな?」
僕は後輩に念を押しました。
後輩は悪びれる様子もなく、「いいですよ」
全く、どういう精神構造をしている兄貴なんだ。
って、僕も同じ穴のムジナか。

後輩には退室してもらって、お楽しみタイムの始まりです。

ツインテールがかわいい子です。
白ソックスと制服が清純さを象徴していて、たまらないですね。
女子大生には出せない青い香りがぷんぷんします。

制服をチラチラして、発育具合のチェック。
ほどよく膨らんだ乳房、ぷりっとしたお尻。
肌の張りが最高です。

清楚な下着を脱がします。
乳首とオマンコが晒されます。
どちらも小さな作りで、まるで壊れ物のよう。

オマンコをくちゅくちゅいじると、「んん」って感じる声。
スケベなマン汁もしとどに溢れてきます。
すごい粘度を持った愛液で、納豆のごとく糸を引いて僕の指から離れません。
どこまで伸びるんだーーーーwww

このぐちょぐちょオマンコにズブリと挿入。
かわいい顔して、ドエロイオマンコです。
きゅうきゅうに締め付けてきます。
なんですか、この軟体生物は。

やっぱり、若い身体は最高でした。
ゴャンブル狂いの後輩がいてくれてよかったです。
幸せ。

顔も、ちゃんと映っています!!!

【内容】
24分52秒

WMV形式です。

You must be logged in to view the hidden contents.