◆無臭◆【禁断行為】◆種汁を塗りたくり自慰する私・・・

FavoriteLoadingAdd to favorites


私がこの何年間、自らの秘壷の肉襞を擦り上げることが出来るとしたならば、、、それは、血の通ってない冷たい玩具達でした。

それが、この**との久しぶりの再会、、夫兄弟との付き合いが頻繁になりだしてから、私は今まで、深く心の底に押し込んでいたありとあらゆる欲望、、妄想が、

一気に表に出て来ようとしました・・

必死に理性で抑える、、でも空いた心の隙間から本能が零れ落ちてしまう・・・

その時に私の異常行動が始まってしまいます・・・

こうして自分自身の分析が出来るくらいわかってるんです。。。でも、、止められない・・

義理弟が来ると事前にわかってる時は、なぜだか、見られるわけでもないのに、、どうせ、寝てる間に*してしまうだけなのに、新しいパンティに穿き替えてしまう・・・

この日も昼過ぎに主人からメールがあり、(カズ○シ(義弟の名前です)と帰るから、ご飯用意しといて)・・という連絡でした。

昼過ぎと言っても、3時廻ってたので、少し面倒くさいなぁ・・と思ったのですが、そのあとの事を考えると、自然と動きも軽くなって準備しなおしました。

でも、その間も1度妖しい気持ちになった頭の中を戻すことが出来ず、身体の火照りを静めるためだけに寝室に行き、電マのスイッチを「強」にし、強く押し当て、一気に果てました。

~夜になり、どこかで待ち合わせてきたのか、一緒に帰宅してきました・・

事前に義嫁から電話があり「いつもすいません・・あまり飲ませないでやってください・・」と連絡があったのですが、

私はそんなこと言うはずもなく、いつものように大好きなビールをたくさん用意しておき、義弟は8缶~10缶をご機嫌に飲み干していきました。

殆ど嗜まない主人は、いつものように義弟に半ば強引に勧められ、1缶分くらい飲んだところで、風呂にも入らず、寝室へ直行でした。

それからは私は、明日の身支度や、台所の掃除、明日のお弁当作り、、等々こなしながら、ご機嫌になって、大きな声で話しかけてくる義弟の相手をしながら、

(早く寝て・・・)と願ってました・・・

今日の動画は、それから3時間後の私と義弟です・・・プロフの画像もこの時のものです・・

沢山の種汁をお口いっぱいに頂きました・・

その種汁と私の中からあふれ出している淫汁を混ぜ合わせながら、皮を捲りあげたクリ●トリ●を擦りあげる・・・

至福の瞬間です・・・・

女性の汁も、男の汁も、、私には、同じ淫汁・・

ぁぁぁ、、早くこの種汁を私の子宮にかけてほしい・・・・

◆本編では見せてます。

ダウンロードリンクを表示するためにログインしてください または、登録してください.