THEマンズリ10「中3処女のマン汁はおいしい」セット

FavoriteLoadingAdd to favorites


こちらの動画は動画クオリティをギリギリ保てる容量の関係で、セット販売になります。完全な仕様をお求めの方には前後編セットをおすすめしております。

今回で10本目のマンズリです。

マンズリとは、オナニーです。少女のオナニーを児童ポルノ法で規定される性器等(乳首、性器及び肛門)を描写せず、かつ、同法で定義される児童ポルノを「視覚により認識することができる方法により描写」することを避けた表現になります。

ようは、視覚以外の四感を使って認識する児童の姿態になります。

これまでに同社の映像をお買い上げ頂いた方にとっては重複するご説明になりますが、初見の方のために、まず、堅めのお話しをさせて頂きました。

では、なぜ、少女の安全で健全な映像のために堅苦しい法律の話を、しかも冒頭にさせて頂いたかと申しますと、今回の被写体が中3だからです。

イマドキの子だったからです。

小2でインターネットを見始め、小3でセックスは男性の性器と女性の性器の抜き差しだという事実を知り、オナニーは小5ではじめたと言います。

初潮が来たのは小6です。

彼女の自慢は「クラスでセックスの具体的なことを知ったのは私が一番早かった」こと。小3だから当然でしょう。

それだけに、正直、結構生意気でした。

何かお願いしても、「いや~」とか、「なんで?」とかいちいち突っ込んでくるのでなかなかこちらの撮りたい絵が撮れません。

聴覚的に描写していくためには、中3のワレメが濡れていないといけません。

ですから、性器等に当たらない、膝、太もも、太ももの付け根、パンツなどを触っていく必要がありました。

私の性欲を満たす目的などあるはずもない、表現のための下準備、クリエイターとしての性分ですね。

それでも、なかなか思うように姿態が撮れないので、カラオケ店の透けたドアの前に立たせて後ろを人が通るドキドキを味あわせてあげました。そうすると、女の子は結構濡れるのです。パンツを見せていますから恥ずかしいですしね。

こんなこと、自己の性欲を満たす意図を持ってやったら犯罪ですから、絶対にやらないで下さい。私は、よりよい作品のためにやっています。

そうしていると、やはり、中3でも、いい音が鳴り始めます。

ここからが見所。「じゃあ、ここに誰もいないと思って、目をつぶって好きなようにやってみようか」そう促すと、ほんとに私が居ることは忘れてしまったように耽るのです。

もう、ガチオナです。

小5からいつもやってるやり方で、多分、ほんとにこんな感じにやってるんだろうな。といった具合に。

こんなおいしいマン汁音はなかなか撮れないでしょう。

家にひとりの時にやるやり方でやるのはいいですが、ここはカラオケ店なので、外の通路に人が行ったり来たりしているのは、彼女には内緒にしておきました。

こちらはセット販売になります。
動画:30分01秒

映像はmpeg4形式になります。

ダウンロードリンクを表示するためにログインしてください または、登録してください.